ペニス増大とはどのような手術をするの?

ペニス増大、男性器にコンプレックスを持つ人にとって非常に気になるワードではないでしょうか。
しかし、広告だけでペニス増大術を受けてしまうと後悔してしまうケースもゼロとはいい切れません。
最近は、健康食品ブームなどからもサプリメントを利用してペニス増大を行うことができる商品もあるようですが、サプリメントは薬ではないので副作用がない代わりに効果が出るまでにはかなりの時間を要してしまう、手っ取り早くペニス増大をするのであれば手術が有効という結果になって来るわけです。

美容形成外科などで行われているペニス増大術は、男性器にヒアルロン酸などの薬剤を注入する方法や体内に埋まっている男性器を引っ張り出す方法などがあります。
薬剤を注入するやり方は、鬼頭部分に注射器を使い注入する方法で、麻酔を施すため痛みを伴うことはありません。
ただ、注入した薬剤は時間とともに体の中に吸収されるなど長期の持続効果への期待は薄くなるようです。

後悔するか否かはペニス増大の方法だけではありません

ペニス増大術を受けて男性器を一回り大きくできた、これは成功した人の評価になるものですが、中には一回りサイズアップしたけれどもやらなければ良かったなど後悔してしまうケースも少なくありません。
手術のときには麻酔を施していたけれども、麻酔が切れると痛みがあり後悔してしまうケース、腫れが中々治らずに不安を抱いたり男性器の形に不満を感じてしまい後悔される人もいるようです。

ペニス増大術は、鬼頭を大きくして全体的に男性器のサイズアップする手術の総称で、コラーゲンやヒアルロン酸、プチ整形などで使用されることがある素材など、特殊な素材や薬剤を注入する方法です。
そのため、注入する薬剤や素材の種類に応じて持続効果そのものが異なりますので、どのようなものを使えば半永久的にペニスのサイズが大きいまま維持できるのか、これもしっかり比較検討しておくことも大切です。
また、術後のデザインをしっかり考えてくれるクリニックを選ぶ、これも後悔するか否かのポイントになって来る部分です。

まとめ

ペニス増大術は、一般的に鬼頭に薬剤や特殊な素材を注射器を使い注入するなどの手術の総称です。
色々な方法があるといわれている理由の中には、注入する薬剤や素材に種類が複数あるからです。
持続効果は注入する薬剤や素材に応じて変わりますので、どのようなものを選ぶべきかをカウンセリングのときに確認することも後悔せずに済むポイントにもなりますし、ペニス増大術は症例数が多く経験値が高いクリニックを選ぶことで成功に導いてくれます。

RELATED ARTICLES